院長からのメッセージ集

トップページ院長からのメッセージ集 > スポーツをする皆様へ
スポーツ選手・スポーツ愛好者の皆様へ

 治療していて特に気のつくことがあります。
中学・高校・大学時代の外傷が原因となって、5年・10年後に病気を発生する人が多いのです。
 若い間は、身体を思いやることがなかなか出来ないものです。また、若い体力がそれを許すのです。

 日本体育協会のスポーツ科学研究報告集によりますと、国体選手の72パーセントが「鍼治療を受けてみたい」と希望しているそうです。
 1週間以上治療を受けた選手の内、3割は、はり・マッサージだとのことです。
 傷害が障害になってしまうのです。それでも、改善は期待できるものの、治療回数が増えてしまいます。

 早期治療は最高の治療です。 はり治療は、西洋医学とあい携えて治療にあたるのです。
 学生諸君には、治療費を割引しています。

 傷はキチンと治しておきましょう。そうすれば、競技力は向上し、障害に悩むこともなくなるでしょう。
 我慢は美徳ではありません。 少なくともスポーツ外傷に関しては、あなたはスポーツが出来る健康体だったのです。

 長野冬季オリンピックをはじめ、神奈川の国体で東洋医学が活躍したそうです。

悩まれる前に・諦める前に、
是非ご相談の程、電話をお待ちしています。
電話:043-222-3335

院長からのメッセージ集一覧へ戻る